やちまた工房活動日誌

慰安旅行 00:00
0

    2017年11月25日〜26日にかけて、長野県安曇野へ、やちまた工房メンバーと慰安旅行に行ってきました。

    やまちゃんが見つけてきた、安曇野の舎炉夢ヒュッテというところで開催されました、軽トラキャンパーフェスに参加するため、やちまた工房のメンバー4台で行ってきました。

    参加者は、やまちゃん、新井さん、チャールズ、アラレちゃんとフクちゃんです。

     

    道の駅 アルプス安曇野 ほりがねの里で待ち合わせをして舎炉夢ヒュッテへ向かいます。

     

     

    ここで、待っていると、キャンピングカーに興味ある方が、寄ってきて、話している内に一緒にいきたいということになりました。

    さあ舎炉夢ヒュッテへ、行ってみましょう。

     

     

    先頭は、前日に行ってみたという、新井さん

     

     

    アラレちゃん、チャールズ、見学のおじさま、やまちゃんが続きます。

     

     

    うわー、狭い道へ曲がったよ。

    舎炉夢ヒュッテは、すぐそこです。

     

     

    駐車は、舎炉夢ヒュッテの前にある、牧草地へと通されました。

     

     

    みなさん、集まっていました。

    いろいろな軽トラキャンパーが来ていました。

     

     

    開会式のあと、やまちゃんのキャンカーから、説明を受けています。

    「これは絶対、プロの仕事だ」という声が、あちらこちらで聞かれ、「アマチュアですよ」と答えると、皆さん完成度の高さに驚きを隠せないようでした。

     

     

    次は、チャールズさんの番です。

    チャールズさんは、「これは、やちまた工房で」と連呼していました。

     

    次は、あられちゃん?

    あれ!え〜!写真が・・・ない。

    ごめんなさい。

    お、おこられる(笑)

     

     

    新井さんの番です。

    スライドアウトと和室には、みなさん驚いている様子。

    これもまた、やまちゃんが作ったことがわかると、「やっぱりプロは違うな〜」という声が聞こえました。

    違うってば〜(笑)

     

    ここまでが、やちまた工房メンバーです。

    ただ、このとき、他の方々は、やちまたではなく、やっちまった工房だと思っていたようです(汗)

     

    ここからは、来られていた車を紹介してみましょう。

     

     

    三角屋根が特徴の軽トラキャンカーです。

    ポリカの波板を屋根に使っていますが、三角の部分はテント生地で塞いでいますが、少し隙間がありますので、この時期は寒いと思われます。

     

     

    幌を身にまとった軽トラキャンカーです。

    幌を広げると、オーニングになります。

     

     

     

    ログハウスキットを使った軽トラキャンカーです。

    重そうに感じますが意外と軽く出来上がっています。

     

     

    材料を木材とした軽トラキャンカーが多く見受けられます。

     

     

    この軽トラキャンカーも幌を纏っていました。

     

     

    このフェスの幹事さんが作ったトラキャンです。

    このキャンカーで婚約者と暮らす実験をしているそうです。

     

     

     

     

    グラスファイバーを使って猫の形に作った軽トラキャンカーです。

    ボディーは、薄く作られていますので、ペコペコします。

     

     

     

    廃材を使ったというトラキャンです。

    おとぎ話に出てきそうなログハウスが特徴です。

     

     

     

     

     

     

     

    やちまた工房以外は、みんな個性的なキャンカーばかりです。

    とれも力作ぞろいです。

     

     

    紹介も終わったので、休憩しようと、やまちゃんがコーヒーメーカーを出してきました

     

     

    発電機を動かそうとしますが、動きません。

    調べてみると、どうもエンジンオイルが足らないようです。

    エンジンオイルを・・・と探してみてもなかったので

     

     

    やまちゃんが、高級エンジンオイルあったよって、持ってきたのがこれ!

    高そうなオイルですね。

    これで、みんなコーヒーありつくことが出来ました。

     

    夜はアラレちゃんが持ってきたテントの中でまったりしました。

     

     

    チャールズさんのおでんとやまちゃんのスペアリブでまったり、のんびりな宴会です。

     

     

    夜のミーティングです。

    舎炉夢ヒュッテの室内で、少し甘めな豚汁と参加者が持ち込んだご当地食材を神様の感謝のためのお祈りしていただきます。

     

     

    みなさん早起きです。

    早い方は、3時ごろに起きたそうです。

    それも、そのはず、「寒くて」と言っていました。

     

     

    日の出です。

    今日も晴れそうです。

     

     

    コーヒーを飲みながら、トラキャンの話で笑いました。

     

     

    これが参加メンバーの車たちです。

     

     

    舎炉夢ヒュッテツアーへ出発です。

     

     

    建物の説明や設備の説明をしてくれました。

    これは、雨水などを濾過して循環型システムキッチンだそうです。

     

     

    ここで推進している農法の説明をしてくれました。

    雑草を有効利用するそうです。

     

    さあ、ここを後にして、お風呂に入りに行くことになりました。

    やまちゃんが持っている、あの本に載っていた温泉へ向かいます。

    新井さんとは、ここでお別れです。

    お疲れ様でした。

     

     

    みんな無事に到着。

     

     

    戸倉上山田温泉 万葉超音波温泉へ立ち寄りました。

    お風呂にはシャンプー・リンスやボディーソープが備え付けてあり、350円という金額ながらタオル1本でお気軽にご利用できます。

    硫黄の香りがする温泉でした。

     

     

    次に訪れたところは、万葉超音波温泉で聞いた、蕎麦料理処萱に来ました。

    ここは、酒蔵もあります。

     

     

    趣のある店構え

     

     

    やまちゃんでも知らなかった蕎麦屋でした。

     

     

    そばを頼むと、「わさびを擦ってお待ち下さい」と小さな生わさびが運ばれてきました。

     

     

    待ちに待ったニハ蕎麦です。

     

     

    うまい蕎麦で大満足でした。

    そして、やちまた工房慰安旅行はここで終わりです。

    やまちゃん、新井さん、チャールズさん、あられちゃん、ふくちゃん、お疲れ様でした。

    | やちまた工房 | comments(0) | - | posted by やちまた工房
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>